ミニガミッツのマンチカン

| PAGE-SELECT |


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



RSSの購読をぜひ →

rss.png

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『二都物語』読了。宇宙一かっこいい男、シドニー・カートン

二都物語 (上巻) (新潮文庫)

フランス革命当時のパリ

人々はみな血を求めていた

王族、貴族や、共和国の裏切りを疑われるものは誰でも処刑された

裁判なんてあって無きが如し

陪審員もすべて血に飢えた共和国市民

その場のノリで即死刑、死刑、死刑

ラ・ギヨティーヌ (フランスでは女性名詞でギロチンをこう呼んだ) が猛威を振るった

男も、女も、年寄りも、子供まで

貧しく、圧せられ、復讐心に燃える市民たちはみな

返り血を浴びて、狂喜乱舞していた

まさしくうつし世に現出したる地獄


その地獄の狂乱の中

それら狂暴な本能が火と燃える大海の中で

シドニー・カートンだけは一人冷静に歩を進めていた

フランス人でもない彼だけが!

「どこに向かって?」

当然愛する女のところ

「何のため?」

当然愛する女のため

「愛する女を救い出すため?」

否、カートンはそんな普通のヒーローじゃない

シドニー・カートンは

おお、彼こそは

愛する女のため、その女の伴侶の身代わりとなって断頭台に立つ男なのだ!


心を決めた後の彼の、なんと凄まじい行動力、冷徹さだろう

他に方法はないというようなやり方でスパイを追いつめ、身代わりとなるチャンスを得

ああ、もう当然

ダーニー(愛する女の伴侶)の獄する独房に入るときは満面の笑みで

実に手際よく薬物を使って彼を気絶させ、運び出した

前半の、飲んだくれの処置なしカートンーーー能力も立派なれば、心も美しいのに、力の正しい使い道を知らず、自らの幸福をつかむこともできず、我とわが身をむしばむ病根のことはよく知りながら、寂しいあきらめの中で、みすみす朽ち行くに任せているとでもいった男だったーーーとはなんという違いだろう?

ともかく、彼はやった、立派にやり遂げた

もっとも崇高で神聖な、自己犠牲の愛の体現者に、彼はなった


おお、カートン

無邪気なギヨティーヌ、赤ワイン好きのギヨティーヌが

君の頭と身体、魂と肉体に別れの口付けを交わさせたとき

君には何が見えた?

人生の意味が

宇宙の真理が

永遠の愛が

君には全て手に入ったんだろう?


分かったよカートン

君の人生には、男が学ぶべき全てがある

まず死ぬことから始めよ

ってことだね

男は、どうやって生きるかなんて考えてちゃいけない

どう死ぬかを

迷うことなく死ぬ覚悟を

それだけが男が人生で求めるものなんだね

それを手にした者だけが

ああ、あの磔にされた方の様に

1000年名を残す



Oh My Bonnie

君の愛する人の為に死ぬ幸運を

僕は得られるだろうか?

いや、得られるかじゃない

まず死ぬ

死んでやる

いつだって死んでやるんだ!


Oh ギヨティーヌ
連れて行っておくれよ
Oh ギヨティーヌ
どこまでも行こう
Oh ギヨティーヌ
見返りなんか求めやしないよ
Oh ギヨティーヌ
どこまでも行こう




どうもシドニー・カートン、じゃなかった
鉄星でした。

チャールズ・ディケンズの代表作の一つ、二都物語は脳髄に直撃、必読の一冊でした。オススメです!!





RSSの購読をぜひ →

rss.png

スポンサーサイト

| | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嫌われ西野、ニューヨークへ行く


どうも、沢山人です。
嫌われ西野、ニューヨークへ行く
今日は、本の紹介をしたいと思います。
本のタイトルは「嫌われ西野、ニューヨークへ行く」です。

僕は、中学生の頃から漫才が、若手芸人さんが好きです。
しかし、何年にも渡ってずっと活動を追いかけている若手芸人さんは実質2人しかいません。
西野君は、その2人のうちの1人なんです。
(西野君は僕よりも年上なので本来は西野さんと言うべきかも知れませんが、西野君は、君付けが似合うと思うので勝手に西野君と呼ぶことにします。)

ちなみに、もう一人は、ダイノジの大谷ノブ彦さんです。
なぜ、僕はこの2人が、好きなのか?
今回はその話をメインにしていきたいと思います。

世間一般的に見るとこの2人の共通点は、
「引く程に嫌われている」と言うことだと思います。

試しに、Google先生に、西野亮廣と入力してみると・・・
西野亮廣 - Google 検索
左上、分かりますかね?
他のキーワードは「西野亮廣嫌い」一択なんですよ。

世間は、西野君が嫌いなのです。

今回、「嫌われ西野、ニューヨークへ行く」が発売されると知ったときも、僕はまず、発売日に、本屋さんに足を運びました。

地元では、そこそこの規模を誇る、あおい書店と鎌倉文庫に足を運び、書店員さんに
「嫌われ西野、ニューヨークへ行くはありますか?」と聞いたんですけど、
返って来た答えは、いずれも「入荷の予定はありません。」でした。
そうです。西野君は書店員さんにも嫌われていたのです(語弊があったらすみません。西野ファンの皆さん、ここで、ブログを読むのを諦めないで!この後、ガンガン西野君を誉めていくから。僕は本当に西野君が好きなんですよ!)。

仕方がないので、「グランゾート!」を呼び出して、
あっ、間違えた「アーマーゾーン!」

を呼び出して、ポチッとな!をして購入に至ったわけです。
なので、まだ、購入されていない西野ファンの皆さん、
本屋さんには売ってない可能性が高いですよ。
購入の際は、是非とも下記をポチッとな!して下さい。


話がそれてしまいましたが、なぜ、僕が西野君のことが好きなのか?
それを話していきたいと思います。

なぜ、僕が西野君のことが好きなのか?
そして、僕はなぜ西野君のことを追いかけているのか?

理由は、簡単です。
「それは、西野君が、
僕からみて、最高の作品を作り上げる才能は、なさそうに見えるにも関わらず、
最高の作品を作ると宣言し、日々多大な時間を費やし、作品を作り続けているから」です。

誤解が生まれやすい言い回しなので説明をさせて下さい。
上記でだけでは、僕がなぜ西野君が好きなのか、伝わらないんじゃないかと思うのです。

世の中には、誰にも等しく平等なものがあります。
それは、「時間」です。
世界の誰に対しても、時間は平等で、1日24時間です。

しかし、世の中には平等でない物もあります。
それが「才能」です。
特に顕著に表れるのが「芸術」と「スポーツ」の分野だと思います。

例えば、日本人全員が、向こう100年、100m走に対して、日々のたゆまぬ鍛錬を続けても、
ボルト選手の記録を抜ける日は来ないのではないでしょうか?

だからこそ、「芸術家」と「スポーツ選手」は、
誰もが憧れる存在なのではないかと思っています。

ただ、矛盾しているようですが、
「芸術家」と「スポーツ選手」は誰もがすべからく、
最初から、頂点だったわけではなく、日々のたゆまぬ努力よって、頂点に立つ者が現れるというわけなんですよ。

「芸術」と「スポーツ」が素晴らしいのはそこなんです。

そして、「芸術」と「スポーツ」が憎悪の対象になるのも、正にそこなんです。

「自分の才能」がどこまでの物かは、誰にも分からない。
人間に持たされた、唯一平等で、最も大切な「時間」を全て「無駄」にしてしまうかもしれない。
けれど、大成する人は、すべからく時間をかけ続けているため、やらないとどんどん差がついてしまう。

西野君は、僕が端からみるとそれ程、才能があるようには見えません。いや、才能はあると思いますよ。
NSC在学中に漫才で賞を取り、小説を書き、演劇を書き、絵本も描いている。
僕は、それをほとんど確認していますが、
成績表で言うなら、芸人「オール5」と言った感じじゃないでしょうか?
この発言だけだと説得力に欠けるので、いずれは個々の作品に対しても感想を書いていきたいです。
でも、世間が本当に好きなのは、残念ながら、5じゃないんですよ。9であり、10なんです。

5は凄いことです。でも、残念ながら「芸術」・「スポーツ」の世界ではあまり価値がないんですよ。5が集まって競い合った集団の中での5、「9であり、10」にこそ価値がある。

現時点では、世間から見ると5、6の才能に映る西野君が、常々「俺は、9、10を作る」と言っている。
だから、世間から嫌われてるのではないかなと思います。

そして、世間の「お前はまだまだ大したことがない。」という評価は、色々と、西野君の作品を確認している僕自身も、実は、あながち間違ってはいないなと思っています。

今回、紹介している本
「嫌われ西野、ニューヨークへ行く」は
西野君が何年にも渡って書き続けて来た、絵本の原画展をニューヨークで開催する至った、
経緯と結末が描かれています。

絵本は面白いです。けど、やっぱり、最高に面白くはないんです。

結果を見ても、やっぱり、まだまだ「絵本のエネルギー」が「世間」に届いているとは言えない状況かなと感じるわけです。

絵本作家としてのにしの君の影響範囲のほとんどは、人気芸人、キングコング西野亮廣の中に収まってしまっているなと感じるわけです。

絵本業界において、数万部の売り上げというのは凄いことだと思います。しかし、西野君のタレントとしての知名度を考えると、やはり、まだ、他の芸能人作家と同様に、芸人 西野亮廣の影響下を飛び越えていないのではないかなと思います。

つうか、西野君の作品も含めて、僕には絵本で最高の感動を味わった体験がないんですよ。

確かに凄いんですが、西野君が膨大な時間をかけたという事実が、絵の緻密さが凄いのであって、作品自体が持つパワーが膨大な制作時間を上回る物になっていないと感じるわけです。

才能に価値があるのは、凡人の膨大な時間を遥かに凌駕してしまうからなんです。

けれど、やっぱり、西野君の作品には、どうしても膨大な時間の方に目がいってしまう。

僕は見てみたいんですよね。
最初、端からみて「才能がない」ようにみえた西野君が
膨大な時間、熱量、行動力によって「才能」に生まれ変わる瞬間を。

時間をかけるってのは、何よりも勇気がいることです。
というより、本当に好きじゃないと出来ないんですよ。
「芸術」や「スポーツ」をやるのに、
「自分にその才能があるか?」という観点だけでは続かないと思います。
やっぱり、「好き」じゃないと。
けれど、やどんなに「好き」だと思っていても、やっぱり「才能」がないと、続けたくなくなるじゃないですか?
「好き」なんて感情は、ある種の幻想ですからね。
自分が10年かけて作ったものを他人に3時間で抜かれたら。続けたくなくなるじゃないですか?

けれど、西野君には迷いがないんです。
確実に作り続けてくれるんですよ。
「才能がある」と信じて、世間をギャフンと言わせる作品を作り続けてくれるんですよ。
だから、僕は追い続けようと思うわけです。
いつか、本当に凄いものを作ってくれるんじゃないかと思うわけです。

いつの日か、西野君が本当に凄いものを作ったとき、
嫌われ西野から「嫌われ」がとれるんじゃないかと思いますね。
今は、大多数の人から見て、作品と言動が一致してないわけですから。
しかし、世間は正直なものですよ。
簡単に手のひらを返すはずです。

そして、西野君が、最後まで本当に凄い物を作れなかった時は、
僕も、世間や2ちゃんねらーと一緒に
「やっぱり、才能がないといくら時間使ったってダメだな。」
と悪口を言おうと思います。

どっちにしたって、西野君を追いかけて損はないのです。

9月8日の「ドーナツ博士とGO!GO!ピクニック」名古屋公演も観に行きますよ〜!

頼みますよ西野先生!期待!期待!期待!

大事なことなので、3回言いました。

あんまり本の紹介にならなかったな〜。














RSSの購読をぜひ →

rss.png

| | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オタキング岡田斗司夫の正体


どうも沢山人です。
評価と贈与の経済学 (徳間ポケット)
読みました。
いや〜、オタキングは良いこと言うな〜。
本当に良いこと言う。
ためになった気がしました。

オタキングは本当に良いこと言うんですよ。
理論は本当にためになる。
けど、本人のやってることは、?
って思うこともあるんですよね。

僕が何に関して?って思っているのか。

それは、オタキングexという活動です。

僕はこの活動自体に?って思っているわけではありません。

理論的には面白い活動だと思っています。
けど、この活動に関する取り決めの中で、
在籍期限を3年間
と設定していることが謎なんですよね。

というより、在籍期限を3年間としてしまうと

結局単に、自己中心的な、利己的な人だなと思ってしまうんですよね。

社員のメリットは
岡田から様々なノウハウを学べること
なわけじゃないですか。
それを3年と規定してしまったら、
本当にその人にとって価値のある体験になり得るんですかね?

むしろ、ノウハウをきちんと学べないから、
3年、なんとなく岡田斗司夫を分かった気になったら、
正体が明るみになる前に解散なと言っているように思えてしまう。

単純に、自分がしたい仕事だけをするために、
ファンからダイレクトに金を取るための仕組みなだけで

いわゆるこのシステムのメリットされる部分は後付けにしているとしか思えてならないんですよね。

一時、岡田さんはプチ落語家「吉祥亭満月」としてデビューしましたが、
この時の感じとも凄く似てるんですよ。

理論は正しいんですよ。

確か、面白ければ、誰かの弟子になる必要はない。

しかし、弟子入りしていないから、落語のテンポもリズムもない、ただのオタクのおもしろ話を
「落語」と言い切ってるだけの活動になってしまった。
ちっとも落語じゃないものを落語と言って活動する。
だから、落語好きにも、オタクにも響かずにフェードアウトしてしまった。

今回のオタキングexもきっとそんな感じでいずれは、
フェードアウトしちゃうんじゃないかと思っちゃいますね。

会社じゃないものを会社と言ってるだけで、

いずれはフェードアウトしちゃう気がしますね。

ダイエットもリバウンドしちゃいましたし。

本当に理論は凄く全うなのに、最終的な仕組みになっていかない。

なんか、そんな気がしちゃいますね。

理論は凄く面白いんですけどね。





RSSの購読をぜひ →

rss.png

| | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ローマ法王に米を食べさせた男」 読了。 公務員界のスティーブ・ジョブズか

ローマ法王に米を食べさせた男  過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?


どうも鉄星です。

今回読んだ本は、「ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?」です。


概要


過疎高齢化により18年間で人口が半分に落ちこんだ“限界集落”の石川県羽咋市の神子原地区を、年間予算60万円で、わずか4年間で立ち直らせた“スーパー公務員”・羽咋市役所職員の高野誠鮮氏。神子原地区の米をローマ法王に献上することでブランド化に成功させる。農家が株主となる直売所を作って、農民に月30万円を超える現金収入をもたらす。空き農家を若者に貸すことでIターンを増やす。アメリカの人工衛星を利用して米の品質を見抜く。『奇跡のりんご』のりんご農家・木村秋則氏と手をむすんで、JAを巻きこんでの自然栽培の農産物つくりを実践し、全国のモデルケースとなるなど、その活躍ぶりは際立っている。本書では同氏が手がけたさまざまな「村おこし」プロジェクトを紹介。これを読むと、仕事のアイディア力が増す、商売繁盛のヒントになる、そしてTPPにも勝つ方法を学ぶこともできる!

254ページ


メモったとこ


  • 最初にローマ法王に献上をした日本人は「NOBUNAGA ODA」。お米を献上したのは本作に出てくる「神子原米」が初

  • 富裕層から問い合わせがあったとき「デパートに問い合わせてみては?」と答えた。(デパートに卸してないけど!!)
     → デパートが置きたがる。

  • 日本一高い酒「客人(まれびと)」(日本酒の発酵母を使わずにワイン酵母を使って造った。ワインに近づくと外国人は高級酒と思うから。)
    ローマ法王献上酒 神葉手 客人(まれびと/720ml)
    中村酒造株式会社
    売り上げランキング: 171,635


  • アラン・デュカスの店では扱うすべての材料の生産地を訪ねて、地面のにおいをかいで土を舐めてみてから使うか決める。

  • ベージュ アラン・デュカス 東京でマルジョンさん(アラン・デュカスグループのチーフ・ソムリエ)が杜氏になって造ったフランス料理に合うお米のワイン(ものすごくセンシティブ)を飲むことができる。

  • 米の美味しさはタンパク質含有度で測れる。人工衛星を使えば良く分かる!(アメリカでは常識)

  • 町の人口が1万人流出したということは1万人のセールスマンが全国に散らばったと解釈することもできる(マイナスとなったところをプラスとしてとらえる)

  • NASAに行って、月面・火星探査機のルナ/マーズ・ローパーを100年貸してくれって書いたら、今までこんなことを書くやつは誰もいなかったと言われて100年間無償で貸してくれた。

  • 野菜は虫が食うほど危ない。未完熟な肥料を使ったり、化学肥料を使ったりするので、硝酸濃度が高くなって虫が来る。もし、すべての野菜に虫がつくならば、世界中の野菜をすでに食べ尽くしてしまっているはず。

  • 残留農薬や化学肥料がなくなっているので、耕作放棄地は自然栽培を始めるのにはベスト(耕作放棄地には希望が溢れている)

  • 自然栽培で育てたトマトは水に沈む。(果肉がつまっている)



総評


「Don't ask for permission, beg for forgiveness(許可をとるな 謝罪せよ)」という3Mの社訓を地でいくような、人間・・・しかも、それに最も遠いと思われるような、公務員が!!

若者を体験学習みたく農家に呼んだり、直売所を始めてみたりとかはまだ分かるが・・・
ローマ法王に米を献上したり
エルメスの書道家に米袋をデザインさせたり
JAのやり方と全く逆行する自然栽培をJAに推進させたり
人工衛星を直接交渉で商用利用したり
レーガン、サッチャー、ゴルバチョフに手紙だしたり
内閣総理大臣からメッセージもらって議員黙らせたり
NASAから探査機100年無料で借りたり
ベルリンの壁のカケラから鈴を作ってドイツで大騒ぎになったり

って!どんだけ破天公務員だよ!!

パナいアイディアと実行力を見せ付けられました。
スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!」以来の痛快感です。


「可能性の無視は最大の悪策である」をモットーとし、実行していけば、日本もまだまだイケるんではないのか?と思わせるような良書です。

You can とは言わない、Do it ! Do it !! Do it !!!

オススメです!


オススメ度


☆☆☆☆




RSSの購読をぜひ →

rss.png

| | 09:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「読書は1冊のノートにまとめなさい」 読了。

読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング (Nanaブックス)


どうも鉄星です。

今回読んだ本は、「読書は1冊のノートにまとめなさい」
です。


概要


★27万部突破のベストセラー第2弾!

27万人が支持した「100円ノート整理術」は読書にも使える!

●なぜ、読んだのに覚えていないのか?

何十冊、何百冊読んでも、ほとんど何も覚えていない……。
それは「読んでいないと同じ」です。
そうならないためにも、多読・速読より、一冊ずつきちんと向き合い、
本を頭に落とす読み方が必要です。

本書では、読んだ内容を確実に「財産」にする
「インストール・リーディング」の技術を紹介。
ベストセラーになった『情報は1冊のノートにまとめなさい』の、
“100円ノート整理術”をベースに、
「探す」「買う」「読む」「活用する」をマネジメントして、
本の内容を頭に落とす新しい読書術です。

●誰にでも続けられる!使える!

多読・速読は考え方を学んでも、実践できている人はごくわずかです。
本書はどこにでもある100円ノートを使い、
・誰でもラクして続けられ、
・作業は簡単で、
・実際に使いこなせ、
・低コスト、ローテク、
が特徴です。

●現役の新聞記者が考えた使えるテクニックが満載!

本書はよくある読書術の本とは大きく違います。
「読む目的を明確にしよう」とか、「アウトプットを考えた読書をしよう」という、
これまで語られてきた内容とは一線を画しています。

実際に役立つ情報収集と管理の方法、そして読書の技術を、
とにかく具体的に紹介します。
たとえば、以下のような技術があります。

・知的生産を可能にする情報収集術「思いつきメモ」
・簡単、続けられる100円ノート「スクラップ術」
・自然と主体的に本が選べるようになる「探書リスト」
・著者と対話して確実に頭に落とす「ねぎま式読書ノート」
・2枚の付箋でチェックをラクにする「W付箋マーキング術」
・検索機能で可能になる「組み合わせアイデア術」
・読書ノートを援用して情報を加工する「ブログ原稿生産術」

その他、「レファ本読書」「ツンドク」「からめ手読書」
「ひきちぎり読書」などの、応用読書の技術を紹介。
ノートをサポートするインストール・グッズ(文房具など)も
写真入りで多数掲載。
本書はあなたの読書生活を劇的に向上させ、ひとつ上の知的生産術へと導きます。
ビジネスマンの勉強法にも、ご年配の読書家のスクラップ術にも最適です。




総評


2008年の本だが、とにかく古い。
アナログ過ぎる。
EvernoteはおろかiPhoneすら影も形もない。

索引性とか言い出したら、一も二もなくデジタルでしょう。
作者は今頃Evernoteを使いこなしているだろうか?

探書リストに一々タイトルや著者、出版社をメモしておくなんて、今の人考えられるか?
俺には考えられない。

俺の探書リスト(読みたい本リスト)は、Amazonのページを後で読むサービス入れておく、以上。
これにEvernoteを使っている人も多いと思う。


唯一参考になるかと思えたのは、著者が言う「ねぎま式読書ノート」
つまり、本のコピペとそれに対する自分の意見を交互にメモっていく手法。

書評を書くにあたっては参考にしていきたい。


オススメ度







RSSの購読をぜひ →

rss.png

| | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。