ミニガミッツのマンチカン

| PAGE-SELECT |


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



RSSの購読をぜひ →

rss.png

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[ #Vim ] grepを簡単便利に!カーソル位置の単語をvimgrepする


どうも鉄星です。

vimgrep使ってますか?

“:vimgrep ;検索語; **/*.c | cw”

とかって,一々入力面倒ですよね?てか,コマンド覚えられませんよね?

ということで,カーソル位置の単語を"gr"で簡単にgrepできるようにする設定を以下に示します.

.vimrcに

" grでカーソル下のキーワードをvimgrep
nnoremap <expr> gr ':vimgrep ;\<' . expand('<cword>') . '\>; **/*.c \| cw'

を追加すればOKです。

これで,置換したい単語にカーソルを持っていって"gr"と入力すると,

“:vimgrep ;\<カーソル位置単語\>; **/*.c | cw”

とコマンドラインに入力されるので,Enterを入力すればvimgrepできます.

上記の設定では,カレントディレクトリ以下のサブフォルダ中のcソースを再帰的に検索しますが,「**/*.c」の部分を

../**/*.c

にすれば一つ上のフォルダから,

../../**/*.c

にすれば二つ上のフォルダから,再帰的に検索できます.

tagsファイルがある位置まで上がって検索したいですからね.
../**/* 等としないのは,tagsファイルを検索対象に含めたくないが為です.


いや~,<expr>に<cword>・・・便利すな~.

以上です。





RSSの購読をぜひ →

rss.png

スポンサーサイト

| Vim | 13:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[ #Vim ] 置換を簡単便利に!カーソル位置の単語を置換する


どうも鉄星です。

Vimでよく使う操作に「置換」がありますが,“:%s ;置換前;置換後;gc”とかって,一々入力面倒ですよね?

ということで,カーソル位置の単語を"c*"で簡単に置換できるようにする設定を以下に示します.

.vimrcに

" c*でカーソル下のキーワードを置換
nnoremap <expr> c* ':%s ;\<' . expand('<cword>') . '\>;'
vnoremap <expr> c* ':s ;\<' . expand('<cword>') . '\>;'

を追加すればOKです。

これで,置換したい単語にカーソルを持っていって"c*"と入力すると,

“:%s ;\<カーソル位置単語\>;”

とコマンドラインに入力されるので,
変換したいワードとオプションを入力すればすぐ置換できます.簡単ですね.

ビジュアルモードで範囲選択しながら"c*"を入力すれば選択範囲のみの置換もできます.

いや~,<expr>に<cword>・・・便利すな~.

以上です。






RSSの購読をぜひ →

rss.png

| Vim | 08:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

[Vim] quickrun.vimでの画面分割の設定方法


どうも鉄星です。

Vim上で簡単にコンパイルと実行までできちゃうプラグイン「quickrun」ですが、Windowsでは実行結果が垂直分割(縦分割)で表示されていたのに、Macでは水平分割(横分割)で表示されていて困っていました。

今日設定方法が分かったので以下に示します。

.vimrcに

" 垂直分割にする
let g:quickrun_config={'*': {'split': 'vertical'}}

を追加すればOKです。

水平分割にしたいときは

" 水平分割にする
let g:quickrun_config={'*': {'split': ''}}
にします。

以上です。


参考:
http://d.hatena.ne.jp/kitak/20100830quickrun.vimをいれてみた - きたけーのアウトプット





RSSの購読をぜひ →

rss.png

| Vim | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。