ミニガミッツのマンチカン

| PAGE-SELECT |


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



RSSの購読をぜひ →

rss.png

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

立川談春と古典落語の未来について


どうも沢山人です。
また、久しぶりの更新となってしまいました。
今回は落語についての話です。
立川談志が死んでから、
長らく生で落語を聴く機会から遠ざかっていたのですが、
今回、久しぶりに立川談春師匠の落語を生で聴く機会があり、
落語を聴いて、思いついたことが自分の中では、先進性があり、
書き留めておくに値すると思ったので、
このブログに書きますね。
今から素人が偉そうに文章を書き連ねますが、
この記事を読んで頂ければ、
落語初心者・未見の方に落語の面白さの断片が伝わるのではないかと思います。
だから、鉄星さんも読んでね。

きっかけは、5月16日の立川談春独演会です。
演目は、
百川
中入り
包丁
だったんですが、僕が色々考えを巡らすきっかけになったのは、
中入り前の談春師匠のトークからです。
「近頃は、30秒の原稿を45秒に膨らませて読める人のことを巧い読み手だという風潮があるが、本当に巧い人というのは、世界共通で、60秒の原稿を45秒で読める人のことだ。落語家も、キャリアを積み重ねるに連れて、ついつい長く、ゆっくりになっていくが、俳優の世界に触れてみて、久々にその初心を思い出すことが出来た(意訳)。」
僕は、正直この話を聴いて、
「え〜?30秒の原稿を45秒に膨らませて読める人。その人こそ、正にあんたのことじゃないのか!あんたは、巧い。口調が良く、ただの状況描写すら観客を没入させることが出来るから、調子に乗ってどんどん長くなる。そして、状況描写や、心情を丁寧に描写出来る技術が、自信が、どうも鼻につく。もうちょっと話を刈り込めないのか?テーマを浮き彫りにさせるような演出は出来ないもんか?と思ってたけど、とうとう本人もそのことに気付いたのか!こいつは凄いことになるぞ。とうとう談春が、巧いデブから、真の名人になる時が来た!こいつは、中入り後が楽しみだぜ〜、期待、期待〜!」
って思ったんですけど、
中入り後の包丁・・・・
これが超長いんですよ。
若い頃の談春師匠よりも、バリバリエピソードを詰め込んでるんですよ!
あいつは、やっぱり分かっちゃいなかった。
もう、中入り前に期待させるようなこと言ってんじゃねーよ。
って感じの包丁でした。いや、実際めちゃめちゃ巧いは巧いんですよ。

後から考えてみると、師匠が言っていた意味は、僕が期待していた
「60秒の内容を、内容の質を落とさずに刈り込み、45秒で伝える。(ニュアンスは60文字の原稿を質を変えずに、45文字にする)」
と言うことではなく、
「60秒の内容を、45秒で読み、60秒で聴いた時と聞き手に同じ理解度をもたらせる。」
と言うニュアンスで話をしていて
そう考えると、師匠は確かにそれが出来ているし、出来ているからこそ、余った15秒分のエピソードを足しているんだなって分かりました。

けれど僕的には、
おい談春、おめえ、既にそんなことを自慢げに話している次元にいちゃいけないんだよ!
おめえは、引き算を、刈り込むことを覚えなさい!
って感じです。

刈り込まなきゃいけないのに、若い頃の談春師匠よりモリモリエピソードを足してるんですよ。

しかも、厄介なことに、
足してる内容がめちゃくちゃ共感出来るというか、
足してる内容こそがまさに談春を談春たらしめているんですよね。
厄介なことにね。
これじゃあ、当分話を刈り込む方向にはいきそうもないですよ。

談春師匠に限らず、落語を聴く時に、
オーソドックスな通常の演目から、
「何を足しているのか。 何を引いているのか。」
が分かると演出に関する演者の意図が明確に分かり、
より落語を面白く聴けることに繋がるんです。



これが若い頃の談春の包丁なんですが、
金曜日に聴いた談春の包丁は、
この落語をベースとして、細かいエピソードをいっぱい、いっぱい足していました。

では、何を足していたのか。
その足したものの中で気になったものを、これから挙げていきます。
*あくまで僕が聴いて気になった部分を後から記憶に頼っての列挙なので、間違っていたら悪しからず。

1つ目
つねの家の中の様子で、佃煮が入っている入れ物を、青と白の2つの入れ物があり、その青の方に入っていると追加。また、ぬか漬けも浅いところには、大根があり、深いところに茄子がある。大根はちょうどいい具合に浸かっているが、茄子はまだ浅いので茄子はよけろというエピソードを追加。

2つ目
とらさんが佃煮を食べ絶賛。佃煮は、どこにでもある物だが、こういうどこの家庭でもある物こそ、美味しい物は凄く高い。にも関わらず、佃煮にこれ程のお金をかけているのは、味にうるさいつねを愛している証拠だと賞賛。奥さんもちょっと喜ぶといエピソードを追加。

3つ目
とらが奥さんを口説く際に、歌の音程を外す場面を追加
また、猫がトタン屋根をすべる声を、猫がトタン屋根をすべる音に変更し、
とらさんに「歌っているのに、音って言うのはやめて欲しい。せめて声と言ってくれ」という台詞を追加。

4つ目
奥さんがつねを捨てて、とらと一緒になると言い出す際に、
顔が良いつねを選んで失敗した。
男は顔じゃないとやっと分かった。男は心だというエピソードを追加。
また、とらが俺は顔には自信がないが心には自信があるというエピソードを追加。

5つ目
最後、つねの今着ている着物を脱がし、つねにとらが着ていたぼろを着せる場面で
「そのぼろを着て若い娘のところに行って、それでも、一緒になってもらえるか、行ってみろ(正確じゃないです)!」という台詞を追加

などです。
なぜ、僕がこのエピソードの追加に共感出来るのか
それは、ほとんどが
「現代人が、最初にオーソドックスな包丁を聴いた時に感じる、論理的な違和感を保管するためのエピソード」
だからなんです。
だから、僕にも、談春という演出家が、このエピソードを足す理由が痛い程よく分かるんです。

談春師匠に限らず、立川流の方々は、エピソードの追加や演出の改変が多いと思います。
師匠である談志が、常々「伝統を現代に!」と言って来たことも影響しているのでしょう。
談志は、まさにエピソードの追加、演出の改変の天才でした。
僕が、落語家の中で、立川談志を最も尊敬する理由は、その部分における「天才性」が大きいです。
しかし、談志のような天才ではない人間が、次々に「現代感覚にそって話の演出を変えていくこと」が
本当にこれからの「落語の未来」を明るくしていくことになるのか、
僕は、金曜日の談春師匠の包丁を聴いて疑問に思うようになったのです。
少し、話が大きくなってしまったので、そのことは、後から述べるとして、

まずは、「包丁」についてです。
上の若い頃の談春師匠の包丁を先に聴いて頂くと分かり易いと思うんですが、
僕が初めて「包丁」を聴いた時に、2つの気(ノイズ)になる部分がありました。

1つ目は、
とらさん、歌巧いな〜(多くの落語家が本気で歌を唄っています)。
これを聴いて、トタン屋根って断罪するのは、ちょっとおかしいんじゃないのかな?
ってこと。

2つ目(これが、最大の違和感なんですが)は、
奥さん、いくらなんでも、ブリの粗とまで言い、散々嫌っていたとらさんといきなり一緒になろうとするなんて唐突過ぎるよ?
ってところです。

おそらく、落語初心者、包丁を初めて聴く人にとっては、
誰もが僕と同じような感想を抱くのではないでしょうか?

では、談春師匠が加えたエピソードをもう1度見てみて下さい。
2つ目、3つ目、4つ目の改変は、
まさに初めて包丁を聴いた時の「僕の違和感」を解消するために作られたようなエピソードなんですよ。

落語を生で聴く様な落語ファンは、
同じ話を何度も聴いています。
そして、その演出の細部の違いを楽しんでいるのです。

だから、金曜日のお客さん達も、多くの肯定的な談春ファンは、

いや〜、やっぱり談春は、描写が丁寧で聴かせるな〜。
これだけ、女を丁寧に描けるのは、談春だけだ!流石、談春!と唸ったはずです。

初めて包丁を聴く人も、
他の落語家の人がやるよりも、違和感が少なく、すんなりと包丁という話に入れ、楽しめたはずです。

でも、談春師匠を手放しで誉めるたくはないと思っている僕には、

むむむ、その演出の変更は、本当に正解だったのか?
談志のように天才ではない、あんたが、論理性に基づきエピソードを追加するのは、
本当に落語に現代性を加えられているのか?
と考え込ませてしまうのです(何度も同じ噺を聴いていると、改変部分に思考がいきがちになります)。

3つ目の改変は、多くの人が抱く疑問を解消しただけで、落語の本質的な筋とは影響がないので失敗部分を付け加えるのは、全く問題ないと思いますが、気になるのは、2つ目や4つ目の
「奥さん、いくらなんでも、ブリの粗とまで言い、散々嫌っていたとらさんといきなり一緒になろうとするなんて唐突過ぎるよ?」
を補うエピソードです。
僕は、このエピソードは、悪手じゃないかなと思うのです。

僕は、「包丁」を現代的に描く際に、
奥さんが本当にとらさんを選ぶように描くべきではないような気がするのです。
そこを丁寧にやっちゃうんのが、僕が談春師匠が好きになりきれないところで、
談春師匠の俺なとこ!なわけなんですが・・・。

包丁のサゲは秀逸です。
このサゲは本当に素晴らしい。
包丁という噺の質の高さは、サゲだけを見てもよく分かります。

サゲの内容(包丁という落語のテーマ)的には、
厩火事と全く同一のものだと思います。


勉強したい方はどうぞ

このサゲを聴くだけで、
つねが奥さんに少しも愛情を抱いていないって言うことが、
実にスッキリと分かります。

僕は、このサゲに合うようにするためにも、
奥さんは、とらさんを本気で選んでいると匂わせるような演出にするべきではないと思います。

むしろ、大好きなつねが自分を捨てようとしていることが分かった。
けれど、自分の女として自信、プライドから、
つねさんに、私がいないとどうしようもないことを分からせるため、
せめて、少しでも、つねに嫉妬をさせようとしようとして、
その場凌ぎで、つねを嫉妬させようとするためだけに、とらとイチャイチャしたっていう
演出にした方が良いのではないかと思います。
とらさんは、その気になっていた方が演出としてグッドです。

だから、5つ目のマイナーチェンジは奥さんの心情が良く出ていて、素晴らしい改変だと思います。

談志が「落語は人間の業の肯定である。」と言っているように、
業の克服をテーマにしていたら落語的ではなくなると思うんですよ。

奥さんは心底、男を顔だけで選んでいて、
女のプライドで嫉妬しているだけ。
つねは、完全に冷めていて同情も感謝の気持ちも見せず若い女のところへ行く。そして無事に行ける。
とらは、その場の成り行きで良い女が手に入ってラッキー!

それこそが落語だと思うんですよ。
そこを、ついつい、ドラマチックにというか、丁寧にというか、人間的に描こうとしてしまう感じが
談志と談春の違いを感じると言うか、談春師匠を好きになりきれない感じがするんですよね。
もっと人間の業だけを浮き彫りにした、整合性は取れてないかもしれないけれど、
実にこれぞ人間!って思えてしまうような、業だけを刈り込んだような噺にして欲しいんですよね。
皆さんはどうですか?

で、古典落語の未来についてなんですが、
今の若手の落語家さん達は、「伝統を現代に!」
というような現代的な感覚になるように、噺を改変する方向に尽力をしている人が
本当に多いように思えます。
けれど、僕は談春師匠の包丁を聴いて、本当の一部の天才を覗いて、
そっち方向には未来がないんじゃないかと思えました。
むしろ、本寸法通りに、違和感があるところは、より違和感が際立つようにやった方が良いのではないかと思います。むしろ、その違和感を違和感として残したまま、それを超えた感動が押し寄せて来てこそ、
江戸時代と平成の日本が繋がるのではないかと思うのです。

そもそも、感動を誘う、人情噺と言われている落語には、本当に違和感、ノイズとなる部分が多いんですよ。
特に、お金の使い方についてです。

文七元結の長兵衛が見ず知らずの文七に娘を吉原に預けて作った金を渡すシーンは殺意しか湧かないですし、
柳田格之進の娘を吉原に入れて金を作る理由もエゴとしか思えない。

けれど、むしろ最初にありったけ、現代との違和感で観客にモヤモヤを与えといて
最後にそれを全部吹き飛ばすような感動を与えてこそ、本当の古典落語だと思うようになりました。
そして、よくよく考えてみると運が良かっただけじゃん!
ってのが落語だなと思います。

現代性を下手に入れても、せっかくの古典が中途半端になっちゃうだけな気がします。

立川流では、志の輔師匠は、割とモヤモヤをモヤモヤとして観客にしっかり与える演出をされている気がします。
けど、声がな〜。

落語って難しいですね。

長くなりましたが以上です。






RSSの購読をぜひ →

rss.png

スポンサーサイト

| 落語 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

追悼 立川談志師匠

今日は、本当に悲しく、見たくなかった、ニュースを目にしました。

2011年11月21日、喉頭がんのため、立川談志さん死去。75歳。

謹んで追悼の意を表させていただきます。

悲しい、本当に悲しい。

談志師匠は、僕の青春時代に最も影響を与えた人物です。

談志師匠の落語に、初めて触れたのは、高校1年生の頃でした。
当時は、ネタ番組といえば、NHKの爆笑オンエアバトルくらいしかありませんでした。
しかし、昨今のお笑いブームの立役者と言えるような人たちが、
テレビに出る、テレビで売れる、唯一のチャンスとして、
本当に、秀逸なネタをおしげもなく披露していました。
その影響もあってか、
僕は、お笑いが、漫才が、大好きな少年になっていました。

当時の僕は、
いっちょまえに、
今の若手の人たちのネタは、本当に面白い。
だけど、なんで彼らはオンエアバトルにしか出れないんだ。
おかしいぞ。
と思っていました。


漫才は本当に凄い。
たった2人の若い兄ちゃんの立ち話で、
腹の底から笑える。
なんて、凄い表現だ。
と思っていました。

漫才が、お笑いがどんどん好きになり、
いろいろなお笑いを見ていくうちに
僕はあることに気付きました。

日本には、伝統芸能で落語というものがある。
落語は、2人ではなく、1人で全部やる。
登場人物の演じ分け、監督、演出まで、全部1人だ。
確かに、漫才は、最高だ。
けれど、ひょっとしたら、
全部一人でやってしまう、落語という奴はもっと凄いんじゃないか?
日に日に、そう思うようになりました。

そんな、ある日、
僕は地元の図書館に行き、落語を見てみることにしました。
僕の地元の図書館には、ビデオルームというものがあり、
図書館の所有しているビデオを、
ビデオルームの中で、見ることができました。

田舎の小さな図書館でしたが、
古今亭志ん朝、三遊亭円楽、桂米朝、桂枝雀・・・
たくさんの、落語のビデオがありました。
そんな、中で僕が初めて手に取ったのは、

「立川談志 古典落語特選3~芝浜~」

選んだ理由は、単純でした。

①談志師匠は当時、オンエアバトルの特別審査員をしていた。

②1と2は、貸し出し中だった。

落語っていうやつは、どんなもんかな?
爺や婆が見るような、
クソつまんない話をやるんじゃないだろうな。
そんな、思いを抱きつつ、僕はビデオルームに行きました。

70分後には、
涙が止まらず、恥ずかしくてビデオルームから出ることが出来ない自分がいました。
なんか、今田さんの芸人交換日記の帯みたいだな。

ああ、僕は大きな勘違いをしていた。
若手漫才師が、
今最も最先端で、
最高に面白いと思っていたが、
誤っていた。

落語家という、とんでもない人たちがいる。
彼らは、みんなこんなことが、
こんな表現が出来るのか、
70分間、たった一人で観客を多いに惹き付け、多いに笑わせ、最後はしっとり、泣かせる。
とんでもないぞ、落語家。
もの凄いぞ落語家。
落語家スゲー!!!

最初に見た、たった一つのビデオテープで、
完全に心を奪われ、
これからは、漫才じゃない。落語だ。
と、僕は興奮したまま、図書館を後にしました。

しかし、とんでもなく大きな勘違いでした。

随分といろんな落語を聴くようになって、気が付きました。

これが、出来るのは、「落語家」ではなく、「立川談志」のみだということに。

あれ、談志の芝浜に出て来る、女将さんと、他の落語家さんがやる、女将さんは全然違うぞ。
なんだか、鼻持ちならない感じがするぞ。
あれ、談志の粗忽長屋に出て来る、粗忽者と、他の落語家さんがやる、粗忽者は、全然違うぞ。
あれ、談志の松曳きに出て来る、殿様と、他の落語家さんがやる、殿様は、全然違うぞ。
あれ、談志のらくだに出て来る、らくだと、他の落語家さんがやる、らくだは、全然違うぞ。
ぱれ、談志のらくごと、他の落語家さんがやる、らくごは、全然違うぞ。

そして、一つの結論に達しました。

とりあえず、落語は談志師匠さえ、押さえておけば良いな。
だけど、談志師匠の落語だけは、何があっても、生で見ておかないと、
後で、一生後悔する。

高校生の僕は、
「このジジイのケツだけは、常におっかておかなけなければならない。」
そう判断しました。

高校生の頃は、お小遣いも少なく、あまり落語を聴きに行けませんでした。
けれど、大学時代のバイト代は、ほとんど、落語を見るために使っていました。

地方に住んでいるため、地元で、談志師匠を見られる機会は年に数回しかありませんでした。
しかし、今、ここで、談志師匠を見ておかなければ、
絶対後悔するし、
絶対に後で、わけわかんない爺に
「どうせ、お前みたいな若造は、談志を生で見てないんだろう。」
と、言われると、勝手に思っていました。

だから、なけなしのバイト代で、何度も東京の独演会に行き、談志師匠の落語を見ました。

今、考えると、時間だけは余裕があった、大学時代に、良い時の談志師匠を、生で見ておいて
本当に良かった。

らくだ、芝浜、鼠穴、文七元結、笠碁、死神、松曳き、ガマの油、子別れ、鮫講釈、鉄拐、天災、へっつい幽霊、やかん、夢金、木乃伊取り、粗忽長屋、ぞろぞろ・・・

本当にたくさんの演目を生で見ることが出来ました。

黄金餅、居残り佐平次、富久を生で見れなかったのは残念だったけれど、
師匠の生の落語を聴くことが出来て、
本当に良かったと思っています。

僕が見た、僕が聴いた、談志師匠の落語の凄さについて、
いずれは、このブログで、詳しく書くこともあると思います。


談志師匠は、落語だけじゃなく、さまざまな名言も残しています。

落語とは、人間の業の肯定である。

好奇心は死をも凌駕する。

学問は、貧乏人の暇つぶし。

努力とは、馬鹿に与えた夢。

そんな、数多くの談志師匠の言葉の中でも、僕が最も好きな言葉で、座右の銘にしている言葉が、

「ここに、壁があるだろ? この壁だって、簡単にすり抜けることが出来るんだよ。 麻薬やるとな。」

僕は、この言葉は、
ただのブラックジョークではなく、
談志師匠特有の、照れの入った、エールだと思っています。

どんなに、困難な状況でも、
視点を代えれば、考え方を変えれば、
解決する手段は必ず存在する。
だから、考えろ。
思考を停止するなと。

そういったことを、絶対に素直には言わない、
師匠特有の遠回しのエールだと思っています。

人生なりゆき

けれど、本当に困った時は、
師匠の言葉を励みに、
これからも、頑張っていきます。

本当にありがとうございました。

心からご冥福をお祈りしております。

沢山人沢山。

長いな。














RSSの購読をぜひ →

rss.png

| 落語 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。