ミニガミッツのマンチカン

2015年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年02月

| PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



RSSの購読をぜひ →

rss.png

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クリエイティブとは何か?

どうも沢山人です。

クリエイティブとは何か?

ふと思ったんですけど、
例えば、100メートル走。
車を使えば、100メートルを9秒切ることだって出来ます。
だからと言って人類最速への興味が失われることはなさそうです。
車使えばもっと早いんだからボルトなんて意味ないよ!
とは思わないでしょうし、この先も人類最速を目指す志は消えないと思います。
スポーツの魅力は科学で褪せることはない気がします。

けれど、頭脳スポーツはどうでしょうか?
例えば、将棋。

将棋には1局に何千万円というお金が支払われるような対局もあります。
しかし、もし、人類がどうあがいても勝てないほどコンピューターが進化した時に、
色褪せず、将棋という頭脳スポーツが存続する道はあるのでしょうか?

もっと言うと、コンピューターが進化し、
先行が絶対勝つあるいは、後攻が絶対勝つってことが証明出来た場合、
それでも、色褪せず将棋に生涯を費やす人が減らないということがあるのでしょうか?
僕は、スポーツと比べると遥かに、魅力が褪せるのではないかという気がします。

スポーツや芸術の根幹は、人間だから感動出来る、人間だもの!
って感じだと思いますが、
やっぱり、将棋はコンピューターが全勝する日が来たら、
そのものに対する魅力がなくなってしまう気がするな〜。

棋士の方はどう考えているんだろうか?
それだけ、コンピューターが人間に近づいたってことだろうな〜。



RSSの購読をぜひ →

rss.png

スポンサーサイト

| なんとなく | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。