ミニガミッツのマンチカン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



RSSの購読をぜひ →

rss.png

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「読書は1冊のノートにまとめなさい」 読了。

読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング (Nanaブックス)


どうも鉄星です。

今回読んだ本は、「読書は1冊のノートにまとめなさい」
です。


概要


★27万部突破のベストセラー第2弾!

27万人が支持した「100円ノート整理術」は読書にも使える!

●なぜ、読んだのに覚えていないのか?

何十冊、何百冊読んでも、ほとんど何も覚えていない……。
それは「読んでいないと同じ」です。
そうならないためにも、多読・速読より、一冊ずつきちんと向き合い、
本を頭に落とす読み方が必要です。

本書では、読んだ内容を確実に「財産」にする
「インストール・リーディング」の技術を紹介。
ベストセラーになった『情報は1冊のノートにまとめなさい』の、
“100円ノート整理術”をベースに、
「探す」「買う」「読む」「活用する」をマネジメントして、
本の内容を頭に落とす新しい読書術です。

●誰にでも続けられる!使える!

多読・速読は考え方を学んでも、実践できている人はごくわずかです。
本書はどこにでもある100円ノートを使い、
・誰でもラクして続けられ、
・作業は簡単で、
・実際に使いこなせ、
・低コスト、ローテク、
が特徴です。

●現役の新聞記者が考えた使えるテクニックが満載!

本書はよくある読書術の本とは大きく違います。
「読む目的を明確にしよう」とか、「アウトプットを考えた読書をしよう」という、
これまで語られてきた内容とは一線を画しています。

実際に役立つ情報収集と管理の方法、そして読書の技術を、
とにかく具体的に紹介します。
たとえば、以下のような技術があります。

・知的生産を可能にする情報収集術「思いつきメモ」
・簡単、続けられる100円ノート「スクラップ術」
・自然と主体的に本が選べるようになる「探書リスト」
・著者と対話して確実に頭に落とす「ねぎま式読書ノート」
・2枚の付箋でチェックをラクにする「W付箋マーキング術」
・検索機能で可能になる「組み合わせアイデア術」
・読書ノートを援用して情報を加工する「ブログ原稿生産術」

その他、「レファ本読書」「ツンドク」「からめ手読書」
「ひきちぎり読書」などの、応用読書の技術を紹介。
ノートをサポートするインストール・グッズ(文房具など)も
写真入りで多数掲載。
本書はあなたの読書生活を劇的に向上させ、ひとつ上の知的生産術へと導きます。
ビジネスマンの勉強法にも、ご年配の読書家のスクラップ術にも最適です。




総評


2008年の本だが、とにかく古い。
アナログ過ぎる。
EvernoteはおろかiPhoneすら影も形もない。

索引性とか言い出したら、一も二もなくデジタルでしょう。
作者は今頃Evernoteを使いこなしているだろうか?

探書リストに一々タイトルや著者、出版社をメモしておくなんて、今の人考えられるか?
俺には考えられない。

俺の探書リスト(読みたい本リスト)は、Amazonのページを後で読むサービス入れておく、以上。
これにEvernoteを使っている人も多いと思う。


唯一参考になるかと思えたのは、著者が言う「ねぎま式読書ノート」
つまり、本のコピペとそれに対する自分の意見を交互にメモっていく手法。

書評を書くにあたっては参考にしていきたい。


オススメ度




関連記事



RSSの購読をぜひ →

rss.png

| | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://miniman2011.blog55.fc2.com/tb.php/251-9f2a3f7e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。