ミニガミッツのマンチカン

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



RSSの購読をぜひ →

rss.png

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3DSが売れない本当の理由?


どうも鉄星です。



任天堂、上場来初の赤字らしいですね

スーパーマリオも寄る年波に勝てず 任天堂 営業赤字見通しの裏側

業績が低迷したのは、23年2月に発売した携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」(2万5000円)の販売不振が要因だ。「裸眼で立体視ができる」のが最大のウリだが、対応ソフトが少なく、本体価格1万円の値下げに追い込まれ、売れれば売れるだけ赤字が膨らむ悪循環に陥った。


というわけで、3DSの不振が赤字の原因であり、その3DSの不振の原因はソフト不足とのことらしいですが、本当でしょうか?


私は、3DSの販売不振の原因は3D映像の視聴の健康に与える悪影響が根本原因にあると考えます。

「ニンテンドー3DS」6歳以下の3D利用に注意喚起

6歳以下の子どもの視覚は発達の途中の段階にあり、左右の目に別々の映像を届けることで立体視を実現する3D映像全般が子どもの目の成長に影響を与える可能性があるという。3Dテレビを発売したメーカー各社も、3D映像の視聴は6歳以上からとするよう呼びかけている。


やったー!!うちの子7歳だから3DS買ってあげれる~!
ってなるでしょうか?・・・思慮深い親なら、子供の目に良くないってシロモノを買い与えようとは思わないはずです。(そして、そういう情報ほど、親の間で良く広まりがちでしょう)

「6歳以下の3D利用に注意喚起」というニュースは最も本質的で、3DSのレーゾンデートルを脅かすものだと思います。

皆さん、どうお考えでしょうか?


関連:
Life is beautiful: iPod touch と Angry Bird に駆逐された Nintendo 3DS

任天堂、Wii U のコントローラに NFCを搭載。少額決済やICカードに対応 -- Engadget Japanese


ニンテンドー3DS アクアブルー
任天堂 (2011-02-26)
売り上げランキング: 43

関連記事



RSSの購読をぜひ →

rss.png

| ニュース | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://miniman2011.blog55.fc2.com/tb.php/59-72869ba7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。